11月のレシピ              <<前月分 || 次月分>>

レシピ製作: 「食をデザインdansai 暖彩」 小野 槇玲 さま
小野さんのプローフィールはこちら

からだにやさしいおやつ
あけびピール

アケビのなまえは、実が開くため「開け実」の意でつけられたそうです。
あけびの皮は吹き出物やぜんそく、ガンの原因となる「痰」を溶かします。
つるは「木通(もくつう)」という漢方薬で、利尿作用があります。

[ 材料 ]

アケビの皮200g
100cc
三温糖100g
グラニュー糖適量

[ つくりかた ]

@ あけびは実を食べる前によく洗って、皮と分けておく。
A とっておいた皮を5ミリ厚さの千切りにし、塩を入れた熱湯でゆでてザルにあげる。
B 別のナベに水と三温糖を入れて煮立たせ、Aを水分がなくなるまでじっくり煮る。(40〜50分ほどかかります。)
C Bをクッキングペーパーの上で冷まし、グラニュー糖をまぶしつける。

元気が出る
むかごと木の子のガーリック炒め

ムカゴはヤマノイモの種子で、疲れやすい人、元気を出したい人が食べるといい食材です。 ヤマノイモよりも滋養効果は高く、生命力が強いです。カゼの予防にもなります。

[ 材料(2人分) ]

むかご100g
好みのきのこ200g
にんにく2片
赤とうがらし1本
オリーブオイル大さじ2
粗塩小さじ1/4
イタリアンパセリ(もしあれば)少々

[ つくりかた ]

@ きのこは石づきを取り食べやすい大きさに割く。にんにくは包丁の腹で押しつぶし、トウガラシは半分にちぎって種を取りのぞく。
A フライパンにオリーブオイルを入れ、よく洗ったむかごとにんにく、赤トウガラシを弱火で炒めフタをして時々菜ばしで混ぜながら5分ほど加熱する。
B 強火にしてきのこを加え、5割ほど火が通ったら粗塩で味付けしサッと炒め合わせる。(きのこには7割ほど火が通っている状態。)
C 盛り付けて、イタリアンパセリを散らす。

ほんのり甘く、なつかしい味
いものつるの炒め煮

戦後の食糧難の時代の栄養摂取に重宝された芋のつる(正確には葉柄)は、さつまいものように甘くて クセになる味です。ビタミン、ミネラル分、食物繊維が豊富で、胃腸を強くし便秘を解消します。

[ 材料(2人分) ]

さつまいものつる(茎)300g
油揚げ1枚
にんじん1/2本
サラダ油大さじ1
<調味料>
 酒大さじ2
 みりん大さじ1と1/2
 うすくちしょうゆ大さじ2
七味とうがらし適量

[ つくりかた ]

@ さついまいものつるは4cm幅に切りそろえる。油揚げは縦半分に切ってから1cm幅に、にんじんは4cm長さの千切りにする。
A ナベに油を敷き、さつまいものつるを炒める。しんなりしてきたらにんじん、油揚げも加えサッと炒め、材料がかぶるくらいの水を加え強火にかける。
B Aが沸騰したら弱火にし、アクを取る。<調味料>を加え煮汁がなべ底2cmくらいになるまで煮る。
C 味見をして好みの味付けに調整し、ひと煮立ちさせる。器に盛り付け、好みで七味とうがらしをかけていただく。

高血圧、高血糖に
柿葉ティー

柿の葉には、実と同様、渋み成分のタンニンと、ビタミンCが豊富に含まれ、抗酸化、抗老化作用に優れます。 血圧や血糖の降下作用は、そのタンニンによるはたらきといわれています。柿のヘタは漢方薬で、 吐き気やしゃっくりに有効です。

[ 材料 ]

柿の葉2g
500cc

[ つくりかた ]

@ 柿の葉はよく洗って日当たりの良い風が通る場所に干す。
A カラカラに乾いたら手で砕く。
B やかんに水を入れ沸騰させ、Aを入れて弱火で煮る。
C Bの水分がおよそ半量になったらできあがり。

食べる美容液?!
松皮オイル

強い抗酸化作用のあるピクノジェノールという成分が、花粉症に有効であるということが最近の研究でわかりました。 そのほかコラーゲンの生成や、シミソバカスにもいいと言われます。

[ 材料 ]

松の皮3g
オリーブオイル
(エキストラバージンオイル)
100cc

[ つくりかた ]

@ 松の皮をきれいに洗って乾燥させる。
A オリーブオイルに@を入れて1週間漬け込む。
B パンにつけて食べたり、いろいろな料理に利用できます。